ポテパンフリーランスの評判から発覚した結論とデメリット3選【辛口】

ポテパンフリーランスってどんなサイト?

ポテパンフリーランスのいいところと悪いところは何?

ポテパンフリーランスは初心者向き?

この記事を見つけてくれたあなたは、ポテパンフリーランスの特徴やあなた自身が向いているかどうかを知りたいのでしょう。

他のサービスと比べて使いやすいかも気になりますよね。

この記事では、ポテパンフリーランスのメリット、デメリットとそのほかの特徴も評判や口コミを交えて紹介します。

筆者の実際の体験談についても書いていきます。

まとめると、ポテパンフリーランスは

未経験者or経験年数が少ない

エンジニアとの兼業を考えている

にはおすすめです。

反面、

・地方に住んでいる人

・ベテランの人

にはおすすめしません。

ポテパンフリーランスのの代わりに…

地方に住んでいるベテランの方・・・ITプロパートナーズ

実務歴の少ない地方在住の方・・・クラウドテック

高単価な案件を探したいベテランの方・・・フォスターフリーランス

この記事を読めば、自分がポテパンフリーランスに向いているかどうかがわかるでしょう。

ポテパンフリーランスが30秒で分かるまとめ
  1. 経験年数が少なくてもよい案件が多い
  2. 地方で案件を受けれる制度が整っていない
  3. サポート制度が整っているからフリーなりたてでも仕事がしやすい
初心者向けのサポートが充実

もくじ

1.ポテパンフリーランスとは?フリーなりたてのエンジニア向けのエージェントサイト

エンジニア 未経験 ポテパン
https://freelance.potepan.com/
運営会社株式会社ポテパン
サービス運用日2016年9月1日〜
対応地域東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、(愛知まで拡大準備中)
公開案件数約2800件(約80%は非公開案件)
最高単価100万〜150万/月
勤務日数週3日〜
URLhttps://freelance.potepan.com/
3つの特徴
  1. 未公開案件が多い!
  2. 週3日から勤務可能!
  3. サービス開始から5年が経過している

1-1.ポテパンフリーランスの運営会社

potepan.jp
会社名株式会社ポテパン
会社設立日2014年9月1日〜
所在地東京本社 東京都渋谷区2 ー2ー5
     クルスビル7階
大阪本社 大阪府大阪市北区大深町3ー1
     グランフロント大阪 北館7階
代表者代表取締役 CEO 宮崎大地取締役副社長 COO 鈴木祥太郎
URLhttps://potepan.jp
上場区分未上場
提供している主なサービス「クイックエージェント」:業務委託人材を企業へ紹介するプラットフォーム
「ポテパンキャンプ」:Rubyを習えるプログラミングスクール
「ポテパンキャリア」:20代のエンジニア向けの転職支援サービス

ポテパンフリーランスは株式会社ポテパンが運営しています。

株式会社ポテパンは、ポテパンフリーランス以外にも転職サポートやプログラミングのスクールを経営しているベンチャー企業です。

一度は聞いた経験がある人も多いのではないでしょうか。

ポテパンは、エンジニアと企業の最適なマッチングを生み出すことを理念として掲げています。

ポテパンキャンプというスクール事業においては、将来性のあるエンジニアと企業のマッチングを行っています。

また、ポテパンキャリアという転職希望者と企業のマッチングを行う転職サービスも行なっています。

CEOの宮崎大地さんのTwitterアカウントがあるので、ツイート内容を見てみるとポテパンの経営理念などを知ることができるでしょう。

2.評判からわかる!ポテパンフリーランスのデメリット3選

ポテパンフリーランスのデメリット3選

特に地方案件の少なさが大きなデメリットとして挙げられます。

地方に住んでいる未経験または経験が1〜2年と浅い人にとっては、大きな問題でしょう。

そもそも、未経験者へ案件を紹介してくれるエージェントサイトが少ないです。

ようやく見つけた未経験者を紹介してくれるポテパンフリーランスに登録しても地方在住者は案件を受けられないのです。

あなたがポテパンフリーランスを自分が最大限活用するために、メリットをしっかり確認しておくといいでしょう。

2-1.40歳までの年齢制限の案件が多い

ポテパンフリーランスは、40歳までの年齢制限の案件が多いです。

他のエージェントですと45歳というラインが多いようです。

ですが、ポテパンフリーランスは年齢制限を5歳も低く設けています。

ポテパンフリーランスのクチコミを見てみると、高評価は20代〜30代が多いです。

やはり、案件を紹介してもらえる人は若手。

具体的には20、30代が多いからでしょう。

そのため、40歳を過ぎたエンジニアの方にはおすすめできません。

40歳を過ぎたエンジニアの方は、レバテックフリーランスがオススメです。

レバテックフリーランスは実績と経験が多く、高いマッチング制度を誇っています。

案件保有数も多く、40代以降への案件も多いため、レバテックフリーランスを活用することも検討してみてはいかがでしょうか。

2-2.サポートエリアが都心に偏っているため、地方の案件が少ない

ポテパンフリーランスの案件は関東や大阪ばかりに偏っています

地方での案件を取り扱っていないため、地方在住の方にはおすすめできません。

愛知まで案件を拡大しているものの、未だそのほかの地方まで手が届いていないのが現状です。

また、リモート案件があるものの、数が少ないです。

そのため、地方にいながらリモートで案件を受けるという形態も難しいと言えますね。

もし、あなたが地方に住んでおり、東京や大阪の都市部に出ないのであれば、ポテパンで案件を引き受けるのは難しいと言えるでしょう。

2-3.案件ごとの金額差が大きい

多くのサイトにおいて、ポテパンフリーランスは高単価案件が多いと紹介されています。

ですが、高単価な案件もあるものの、未経験者に向けた案件は単価が安く設定されています。

ポテパンフリーランスは、未経験のフリーランス向けのエージェントサイトをうたっています。

それにも関わらず、未経験者向けの案件は単価が低いということです。

もし、未経験でも高単価案件を担当できると考え、ポテパンフリーランスに登録しようと考えている方はもう少し悩んでもいいでしょう。

3.口コミからみる!ポテパンフリーランスのメリット3選

ポテパンフリーランスのメリット3選

ポテパンフリーランスは特に未経験者へのサポートが充実しています。

ポテパンフリーランスは案件参画後のフォローを適宜行っています。

また、フリーで仕事をするにあたって

「保険税金の申請はどうすればいいの?」

などのエンジニアの本業以外の不安を持っている方も多いでしょう。

ポテパンフリーランスは、エンジニア業に集中できるようなサポートを税理士などのプロが行ってくれます。

駆け出しのエンジニアへの支援が充実したポテパンフリーランスをフリーランスの第一歩として活用していきましょう。

ですが、それ以外にもどのようなメリットがあるかが、あなたも気になりますよね。

これから、はっきりとポテパンフリーランスのメリットを確認しておきましょう。

3-1.未経験でも案件を紹介し案件参画後もフォローがある

他のサイトだと3年以上の経験を求められることが多いです。

ですが、ポテパンフリーランスは1年程度の経験もしくは未経験でも紹介してくれます。

紹介してもらった案件に参画した後も、定期的にフォローしてくれるため、仕事が決まりやすいです。

そのため、未経験者や1〜2年程度の経験しか積んでいない人は2つの方法を取りましょう。

1.ポテパンフリーランスをまず使う方法
2.経験を積んだ後に他のエージェントサイトで紹介してもらう
方法

3-2.FPや税理士がサポートによりエンジニア業に集中できる

フリーになりたてだと、「どうやって税金の申請をすればいいかわからない」など、仕事以外での苦労が多いです。

ですが、ポテパンフリーランスならポテパン専属のプロの税理士などがサポートしてくれます。

また、保険や年金面でのフォローはファイナンシャルプランナーに相談できます。

そのため、とことんエンジニアの本業に集中できます。

集中してエンジニアとしてのスキルや能力を磨きたいと思っている人には嬉しいサポートですね。

3-3.副業が可能なため、事業をしながらでもできる

ポテパンフリーランスですと週3、4日で勤務しながら別の事業を行うこともできます。

ポテパンフリーランス以外のサイトだと週5日の案件しかない場合もあります。

もし、あなたが新事業を立ち上げたいと考えているなら、その事業と同時並行でポテパンフリーランスの案件を行うのはも良い判断だと言えるでしょう。

独立を考えている人も独立をフォローしてくれる環境が整っているため、オススメです。

4.【比較!】ポテパンフリーランス以外のおすすめサイト

エージェント名案件数求められる実務歴高単価案件数サポートの充実度
ポテパンフリーランス未経験から可能
ITプロパートナーズ3年から可能
クラウドテック半年から可能
フォスターフリーランス3年以上可能非公開

ポテパンフリーランスについてここまでまとめてきましたが、それ以外にもエージェントサイトはたくさんあります。

他サイトと比較しながらまとめているサイトもあります。

この記事からあなたに最もあったサイトを見つけましょう!

5.ポテパンフリーランスに実際に登録してみた

https://freelance.potepan.com/

ここまで読んで、ポテパンフリーランスにあなたが向いているかどうかがわかったでしょう。

次は、ポテパンフリーランスに登録した体験と登録後の流れについてまとめました。

登録の手続きはシンプルですが、確認しておきましょう!

5-1.簡単!自分がやってみた体験談【1分で完了】

筆者が実際にポテパンフリーランスに登録してみました。

筆者は登録に1分もかからず終わりました。

初心者向けのサポートが充実

登録する際に記入する内容は

  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • パスワード

だけです。

最後にスキルシートを添付すると、登録が完了します。

スキルシートの添付は、任意ですのでとりあえず登録することも可能です。

ですが、スキルシートはカウンセリングの際に必要なため、準備しておくといいでしょう。

スキルシートさえ準備しておけば、簡単にカウンセリングまで進めますね。

5-2.スムーズ!登録から仕事受注まで

案件参画までの流れはこのような流れに沿って、4ステップで行われます。

まとめると、

登録→カウンセリング→面談→案件紹介

という流れで進みます。

まず、専用フォームに名前、メールアドレス、電話番号などを入力し、ポテパンフリーランスに登録します。

電話で簡単なカウンセリング

電話で20分程度のカウンセリングを行います。

カウンセリングの際に、詳細な希望職種や経歴について確認されるため、準備しておきましょう。

案件へのエントリー

案件へのエントリーを行います。

非公開の案件などは随時メールでお知らせが来るため、メールボックスを適宜確認しましょう。

企業との面談

企業との面談を行います。
ポテパンフリーランスが企業との日程調整を行い、面談をセッティングしてくれます。
企業との面談まで自身のアピールポイントなどを考えることに集中できますね。

5-3.支払い方法

金額は税込価格で提示されています。

支払い方法は参加する案件によって異なるため、必ず確認しましょう。

参画する案件によって、支払い周期は30日と45日の2パターンになります。

支払い周期も案件によって異なるため、確認することを忘れないようにしましょう。

確認を怠って、給料がまだ支払われないのに貯金を使い切らないようにしましょう。

6.まとめ

6-1.フリーになりたて&都心に住んでいる人にオススメ!

ポテパンフリーランスは、フリーになりたてかつ都心に住んでいる人にオススメです。

ポテパンフリーランスは、独立したてのフリーのエンジニアに特化しているとホームページ上でも書かれています。

ホームページの内容に見合うコンテンツとなっていると言えるでしょう。

もちろん、経験が1〜2年と浅い人ももちろん未経験者も受けられる案件が多いです。それに加え、フリーになりたてで税金などの各種申請がわからないエンジニアへのサポートが各方面のプロによって行われています。

経験を積んで、次のステップに進むための第一歩としてポテパンフリーランスを利用することをオススメします!

初心者向けのサポートが充実

6-2.地方に住み、サポートを必要としていない人にはオススメじゃない!

都心に住んでいる人にはオススメな反面、地方在住の方にがオススメできません。

地方の案件がないのにも関わらず、地方でも案件が受けられるようなリモートの案件すらも少ないです。

また、フリーになりたてのエンジニア向けのサイトをうたっていることもあり、サポートを必要としていない人にとっては、必要のないサポートが多いです。

案件ごとの単価にも大きな差があるため、高単価な案件でバリバリ稼ぎたいベテランの方にはオススメできません。

6-3.おすすめじゃない人に向けて別のおすすめサイト

地方に住んでいる方・・・ITプロパートナーズ

リモートワークの案件が豊富で、高単価案件を引き受けることができます。

その代わりに、実務歴が3年以上ある人でないと厳しいと言えます。

実務歴がある人はフレキシブルに仕事をできるため、ITプロパートナーズを活用していきましょう

実務歴の少ない地方在住の方・・・Crowdtech

CrowdtechはITプロパートナーズに比べ、実務歴が半年以上でもできる案件があります。

また、案件でのサポートが手厚い点も実務歴の少ない人にオススメする理由の一つです。

Crowddtechについてまとめた記事もあります。

詳しく知りたい人はこの記事も見てみましょう

経験が浅い地方在住者向け案件多数!

高単価な案件を探したいベテランの方・・・フォスターフリーランス

フォスターフリーランスは、実務経歴が3年以上を求められるものばかりです。

ですが、大手の案件や高単価な案件が多いです。

最高単価は230万とポテパンフリーランスの2倍ほどになります。

フォスターフリーランスなら効率よく稼ぐことができそうですね。

6-4.スクール入学を検討するのもオススメ

フリーランスのエンジニアとして活動するには、やはりスキル磨きやある程度の経験が重要です。

そのために、一度スクールに通ってみてはどうでしょうか?

もちろん、IT系の会社などに就職し、経験を積むことができます。

ですが、プログラミングスクールだと無料でプログラミングを学び、スキルを習得できます。

ProEngineerというスクールでは、途中でやめても無料という珍しい制度で運営されています。

出された就職先以外に就職できないというデメリットもあるものの、無料でプログラミングについて学べるというのはとてもお得ですね。

一度サイトを覗いてみるのもおすすめです。

スクールによって特色があり、フリーランスになるためのノウハウを学べるコースを設置している場所もあります。

自分の目的にあったスクールを選びましょう。

7.ポテパンフリーランスに関するQ&A

未経験や経験が浅くても登録できるの?
登録できます。フリーランス未経験の方は3割くらいいます。また、エンジニア経験が浅い方に紹介できる案件がほかに比べて多いので、ポテパンフリーランスは未経験や経験が浅い方におすすめです。
登録料金はかかるの?
登録料金はかかりません。すべてのサービスを無料で受けられます。
スキル面での応募者の特徴は?
Javaの経験を持っている方が3割強、PHPの経験されている方が2割ほどいます。残りは各々1割ずつ
C#やRuby on Rails、サーバーのインフラ設計を経験した人がいます。
ポテパンフリーランス登録者の性別比は?
A:女性が2割、男性が8割で構成されています。
ポテパンフリーランスはなんで案件数が少ないの?
量より質にこだわっているからです。やりたい仕事とキャリアを考えて仕事を発注することを重視しています。そのため、エンジニアとフリーの両方を経験した面談に来られる人と似た立場で考えられる人たちでキャリアカウンセリングを行なっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です