ソーシャルアパートメントって何?後悔した人から分かった6つの弱点【体験談・他社比較】

「ソーシャルアパートメントって友達、恋人もできて施設も超豪華で最高って聞いたけど何かデメリットとかないの?」

「調べると「後悔」とか「最悪」とか出てくるけど実際のところ住み心地いい?」

「実際に住んでた人の体験談を聞きたい」

  • ジムや防音室など豪華な共用スペース。
  • 個室が完備され適度に住民と交流できる理想的な空間。

まさしく理想的なシェアハウスと言えるソーシャルアパートメントにあなたは興味を惹かれているでしょう。

ですが予測変換で「最悪」「後悔」と出てくるので、

「実際のところソーシャルアパートメントってどうなの?致命的な欠陥とかありそうで怖い…」

「自分が居住する場所なんだから飾らない意見やデメリットを知りたい」

と不安に思っているかもしれません。

少なくとも筆者は「これ大丈夫か?」と不安になりました。

結論から言いますと、ソーシャルアパートメントは次の3つに当てはまる人にオススメです。

  • コミュニケーションが得意な人
  • 細かいことを気にしない人
  • 金銭的、時間的余裕がある人

一方であまり人付き合いが好きではなく、神経質な人には合わない可能性があります。

この記事ではソーシャルアパートメントについて実際の体験談をもとに3点にまとめて解説していきます。

  1. ソーシャルアパートメントの特徴やデメリット
  2. 実際のトラブル事例
  3. 他社や一人暮らしと比較

特にデメリットに関しては不動産経営者の息子である筆者が独自のリサーチを行い、包み隠さず解説しました。

この記事を読めばあなたはソーシャルアパートメントのデメリットを把握できます。

デメリットが許容内か分かった上で居住するかどうかの判断ができるでしょう。

3行でわかるソーシャルアパートメント

3行でわかるソーシャルアパートメント
  1. 家賃や費用が高いが施設は超充実
  2. 友達や恋人は自分から作りにいかないとできない
  3. 衛生面や騒音に若干の難あり

もくじ

1. ワンルームがついた豪華なシェアハウス3つの特徴|ソーシャルアパートメント

「シェアハウスって一人になれる時間がないのが嫌だなあ…」

そんな不満を解消するために生み出されたのがソーシャルアパートメントです。

住民一人ひとりに個室があり、プライバシーがしっかりと確保されているのが特徴です。

住民一人ひとりのペースで住民と交流できるよう設計されているので、

四六時中人と話して交流を深めたい人も

休みの日だけ住民と交流したい人も

幅広いライフスタイルで居住することができます。

1.【シェアハウスと何が違う?】個室でプライベートを確保しつつ住民と適度な交流

ソーシャルアパートメント 公式サイト

ソーシャルアパートメントには鍵、家電付きの個室があります。

そのため普段は個室で過ごし、気が向いた時に住民とラウンジで話すといったスタイルが特徴的です。

一例として平日は仕事終わりにラウンジに行って住民と飲んだり話したりして交流を深めることができます。

休日は1日部屋にこもって映画やドラマを誰にも干渉されず見ることができるわけです。

毎日人付き合いが強要される「シェアハウス」では考えられない生活スタイルですよね。

まさしく「適度」なコミュニケーションをとりたい人にはうってつけのシェアハウスです。

2.【どんな人が住んでる?】20〜30代の社会人が大半

ソーシャルアパートメントは大半が20、30代の社会人が入居しています。

男女比も1:1で非常にバランスの良いシェアハウスと言えるでしょう。

「友人や恋人を求めて入居したのに自分より10歳以上年上の人ばかり…」

というミスマッチが起こりにくいのがソーシャルアパートメントなのです。

今、社会人になって数年目のあなた。

仕事のドライな関係のみで仕事から帰った後や休日に寂しい思いをしていないでしょうか。

そんな孤独を埋めてくれるのがソーシャルアパートメントです。

3.【どんなメリットがあるの?】恋人・友人ができやすい

ソーシャルアパートメントは他社と比べてダントツで恋人や友人ができやすいです。

俗的な言い方をすればリア充になりやすいです。

男女比が均等かつ大人数が居住するため、あなたに合った人が見つかることでしょう。

また、基本的に住民はLINEグループに入ることになるので連絡も取りやすいです。

「誰かランチ一緒に行きませんか?」

と打ち込めばたちまち数人は集まります。

また、ソーシャルアパートメントはジムやビリヤード、Barなどの豪華な施設があります。

「一緒にジムにいきませんか?」

「ちょっとBarで飲みますか」

と誘う動機や理由が作りやすく、住民同士打ち解けやすいのです。

平日の夜はオシャレなラウンジやBarで語り合い

休日は恋人と個室で過ごす…

そんな充実した生活が実現するかもしれません。

友達や恋人を作りたいならソーシャルアパートメントが良いでしょう。

2.【最悪・後悔】退去した人から分かるソーシャルアパートメントのデメリット7選

ソーシャルアパートメントは初期費用が10万円以上、退去費用に3万円ほど取られます。

もし入居して1ヶ月で退去する場合、20万円以上の損失が出るでしょう。

入社数年目の社会人一ヶ月分の給料が吹きとぶと考えたら鳥肌が立ちます。

莫大な金額がかかっているなら絶対に物件選びや入居判断を失敗できないですよね。

だからこそ予めソーシャルアパートメントのデメリットを知っておきましょう。

金銭的にも心情的にも後悔しないために

  1. 努力しなければ恋人・友人との出会いはない
  2. 住民トラブルが圧倒的に多い
  3. 共用部分が写真ほど綺麗ではない
  4. 管理会社のトラブル対応が悪い
  5. 共有部分の私物は取り戻すのに3000円
  6. 家賃が10万以上かかる場合もある

1.  努力しなければ恋人・友人との出会いはない

ソーシャルアパートメントとはいえあなたが何もしなければ友達・恋人はできません。

積極的にラウンジや共用スペースに行くことで初めて交友を深めることができます。

そのため企業側も入居して1週間は積極的にラウンジへ行くことを推奨しています。

ソーシャルアパートメントにはきっかけや機会はたくさんありますがそれを活かせるのはあなた次第というわけです。

入居者の中には

「入居して数週間経ったけどほとんど人と喋れてなくて気まずい…」

と嘆いている人もいます。

私の経験上、最初の1週間で交友関係を確立しなければ高確率で集団から孤立します。

せめて最初の1週間だけでも積極的に住民に話しかけましょう。

2. 住民トラブルが圧倒的に多い

ソーシャルアパートメントは他社と比較しても住民トラブルが多いです。

なぜならソーシャルアパートメントは100人規模の大人数かつ多国籍の人が集まるからです。

学生時代を思い出してみてください。

100人規模といえば中学校の1学年規模に相当します。

その1学年の中にはあなたと気の合わない奴や素行の悪い奴もいたと思います。

そんな多種多様な大人数と共同生活を送るわけですから当然、軋轢やケンカも起きやすくなるわけです。

学生時代に交友関係が広かった人はすぐに住民と馴染むことができるでしょう。

反対に交友関係が狭く、人付き合いが苦手だった人は馴染むのに苦労するかもしれません。

いい加減な人も一定数いるので共有スペースが汚されたりすることもあるでしょう。

ある程度寛容かつ多様性を認められる人でなければソーシャルアパートメントはオススメできません。

3. 共用部分が写真ほど綺麗ではない

ソーシャルアパートメントを調べるとホテルのような豪華で綺麗な内装の写真がたくさん出てきます。

ですが実際にはそこまで綺麗で清潔ではない物件もあります。(ごく一部ですが)

ソーシャルアパートメントは居住者が大人数であるため共有スペースも汚れやすいのです。

一応、週5でハウスクリーニングが入りますがそれでも常に清潔に保たれているわけではありません。

特にキッチンは後片付けがいい加減な人がいるとすぐに汚れてしまいます。

特に連休中は清掃が入らないので水回りがえげつないことになったりします。

排水溝が髪の毛だらけになったり、トイレが汚れっぱなしだったり…

100人分の汚れが共有部にたまると考えるとゾッとします。

大人数だからこその宿命とはいえちょっと嫌ですよね。

衛生面や清潔さを許容できない人はソーシャルアパートメントに住むべきではないでしょう。

4. 管理会社のトラブル対応が悪い

ソーシャルアパートメントはトラブルや困りごとがあっても積極的に企業は介入しません。

ソーシャルアパートメントに対する低評価の6割が企業対応でした。

騒音被害や住民トラブルがあっても基本的に注意喚起で終わるそうです。

強制退去などの強硬手段は滅多に使われることがありません。

「夜中の話し声がうるさい」

「共有スペースの使い方がよくない住民がいるんだけど」

という苦情は企業に言っても解決しないケースが多いので住民間でなんとかするしかありません。

あなたは堂々と本人に苦情をいえるでしょうか?

多くに人はなかなか言い出せず日々の生活でストレスを溜め込むことになります。

ソーシャルアパートメントに入居するならば苦情はしっかりと伝えられるよう意識すべきです。

一定のトラブルは自己解決ということを許容できない人にはソーシャルアパートメントはオススメできません。

5. 共有部分の私物は取り戻すのに3000円

共有部分に忘れ物をすると、ハウスキーパーに回収され取り戻すのに約3000円かかります。

また、1ヶ月以上返還申請が行われない場合処分されてしまうので要注意です。

このルールのおかげである程度共有部分は綺麗に保たれています。

ですが、忘れ物には日常生活で多少神経質にならざるを得ないでしょう。

なんせ、忘れ物ひとつにつき3000円という痛い出費がかかりますから。

もしあなたが

「そういえば〇〇ってどこ置いたっけ?」

というように物品の自己管理ができていないようならソーシャルアパートメントはやめておくべきでしょう。

6. 家賃が10万以上かかる場合もある

ソーシャルアパートメントの家賃は高額です。

大体6〜13万円ほど一月でかかります。

シェアハウスの相場が5.5万円であることを考えるとお金がかかりますよね。

物件によっては一人暮らしよりも家賃が高い物件もあります。

金銭的に余裕がない人はソーシャルアパートメントの入居はやめたほうが良いでしょう。

ですが、家賃が高い場所ほど医者や大学職員など上位職の人が住んでいる傾向があります。

もしあなたが

「社会的地位の高い人と一緒に暮らして刺激を受けたい」

と思っているなら多少家賃が高くてもソーシャルアパートメントに住んでみることをオススメします。

3.【トラブル多発】ソーシャルアパートメントのトラブル事例3選

事例1  食器が片付けられずカビだらけ!共有部分でのトラブル

数週間前からソーシャルアパートメントに住み始めたAさん。

そんなAさんには入居当初から気になっていることがありました。

Aさん
Aさん

共用部のキッチンのシンクに2〜3日食器を放置している人がいるんですよね…

清掃の人も基本的に食器関係は片付けないのでずっと放置されたままなんです。

前見たときはカビが生えていた食器もありました。

ソーシャルアパートメントでは食器は共用なのでちょっと不快ですね…

Aさん他にも水回りの片付けについて不満に思っていることがありました。

Aさん
Aさん

「ランチタイムの後片付け。あれはもう少しなんとかして欲しいですね。

時間が限られているので片付けが雑なんです。

シンク周りやタオル、食器が汚いままなんですよ。」

やはり物件によっては後片付けに難ありのところもあるようですね。

内見する際は水回りをよく見ておく必要があるでしょう。

事例2 まさかの宗教勧誘?住民間でのトラブル

Bさんは先日ソーシャルアパートメントに入居したばかり。

そんなBさんが仲良くなったのは「料理初心者なので教えて欲しい」と頼み込んできたCさんでした。

Bさんは快諾し、Cさんと一緒にスーパーへ食材を買いに行きました。

その帰り道Cさんに寄りたいところがあると連れられた場所は…

Bさん
Bさん

「Cさんに連れてこられたのは宗教団体の集会場でした。

私が戸惑っている間に入信の手続きが進んでいて逃げるように帰りました。」

Cさんは初対面ですごく良い人そうに見えたのでBさんは大変ショックを受けたそうです。

Bさん
Bさん

「ソーシャルアパートメントでもこういう宗教勧誘があったのはショックでした。

入居者全体LINEに入っていたのでLINEも知られてるしどうしよう、と思いましたね。」

入居者の中にもマルチ商法、宗教勧誘をする人もいるみたいですね。

ある程度付き合う人は見極める必要があるでしょう。

事例3 入居して1週間誰とも喋れず!コミュニケーションのトラブル

今週からソーシャルアパートメントに引っ越してきたDさん。

入居当初は友人や恋人を作ろうと意気込んでいたようですが…

Dさん
Dさん

1週間経ちましたがまだ誰とも仲良くなれていません。夜はとりあえず共有ワーキングスペースに行っているのですが誰とも喋れず…

当初思い描いていた生活とはかけ離れたものだったようですね。

Dさん
Dさん

自分はもともと人見知りで積極的に人の話しかけることが苦手でした。やっぱりコミュニティ重視の物件とはいえ、ある程度のコミュ力と積極性は必要なんですね。

やっぱり人と仲良くなるには自分から話しかけにいく姿勢が重要ですね。

ソーシャルアパートメントに入居してから1週間は積極的に人と交流する必要があるでしょう。

4. ソーシャルアパートメントと他社との徹底比較

ソーシャルアパートメントオークハウスクロスハウスひつじ不動産ボーダレスハウス
物件数1300部屋5000部屋3500部屋1300部屋1300部屋
家賃(東京)8~9万円7~8万円3~5万円8万円前後5~6万円
コミュニティ活発活発必要最低限普通活発
企業対応良くない普通良い普通良い
トラブル普通多い普通多い多い
共用部分充実している充実している充実してない普通充実してない
対応エリア東京・関西関東・関西東京全国東京・関西
どんな職業の人が住んでる?起業家外国人フリーランス社会人個人事業主外国人社会人フリーランス外国人社会人外国人社会人フリーランス
誰にオススメ?程よい距離感で住民と付き合いつつプライベートも重視したいとにかく多種多様な人材と関わりたい人とにかく安い物件に住みたい人高額でもおしゃれな物件に住みたい人コミュニティと家賃の両方を重視したい

もしあなたが

「とにかく家賃の安いシェアハウスで節約したい」

と思っているならクロスハウスがオススメ。

「シェアハウスで人間関係を充実させたい」

と思っているならオークハウスソーシャルアパートメントボーダレスハウスをオススメします。

「おしゃれな物件でスタイリッシュな生活を送りたい」

と思っているならひつじ不動産がよいでしょう。

自分の目的にあったシェアハウスを利用しましょう。

5.【東京・大阪で比較】一人暮らしVSソーシャルアパートメント

1. 生活面で比較

一人暮らしソーシャルアパートメント
交流度なし適度にある
プライベートあり個室あるが騒音、足音など聞こえやすい
トラブルあまりない多い
企業対応大家さんによるあまりよくない
門限やルールなし多少あり(そんなに厳しくはない)
設備なし豪華

一人暮らしは人との交流がない分トラブルやルールに縛られません。

気ままな生活、自由にプライベートを過ごしたい人にオススメです。

ソーシャルアパートメントはやはり交流の多さ、設備の豪華さが魅力的です。

ですがトラブルやルールに縛られ、ストレスを感じるときもあるでしょう。

ある程度人付き合いを好み、トラブルやルールに寛容になれる人にオススメです。

2. 金銭面で比較

1. 東京の場合(1ヶ月にかかる費用)

一人暮らし(東京渋谷ワンルーム)ソーシャルアパートメント(ネイバーズ渋谷神山町)
1ヶ月家賃(平均)10万円9万5000円(2年プラン)
光熱費9000円1万1000円(固定)
インターネット4000円8000円(管理費に含まれる)
合計11万3000円11万4000円
備考・ラウンジ3つ(仕事用、リラックス用、食事用)
  • 合計費用の安さ 一人暮らし
  • 光熱費の安さ  一人暮らし
  • 施設の充実   ソーシャルアパートメント

さすが東京。

一人暮らしもソーシャルアパートメントも家賃が11万円を超えます。

一人暮らしのほうが1000円ほど安いです。

しかし、ソーシャルアパートメントには大きなラウンジが3つもついており、施設の充実度は桁違いです。

この施設の利用料だけでも月1万円の価値があると思われるので、ソーシャルアパートメントのほうがお得でしょう。

東京はソーシャルアパートメントのほうがお得な場合が多いみたいですね。

2. 大阪の場合(1ヶ月にかかる費用)

一人暮らし(大阪本町)ソーシャルアパートメントTHE LIVELY(ザ ライブリー)(大阪本町)
1ヶ月家賃(平均)7万円12万円(2年プラン)
光熱費9000円0円
インターネット4000円0円
合計8万3000円12万円
備考・Barやテラス、コワーキングスペースやレストラン完備
  • 合計費用の安さ 一人暮らし
  • 光熱費の安さ  ソーシャルアパートメント
  • 施設の充実   ソーシャルアパートメント

こちらは合計費用が3万7000円ほどソーシャルアパートメントのほうが高額になります。

しかしこちらのソーシャルアパートメントは一流ホテル並みの施設を完備しています。

値段は高いですが施設の充実度は関西No.1です。

住民も社会的地位の高い人が多く、刺激的な環境であることは間違い無いでしょう。

そのため12万円払ってでも最高の施設と刺激的な人材と出会える環境に身を置きたい人は ソーシャルアパートメントをオススメします。

6.【まとめ】ソーシャルアパートメントは高級な学生寮!衛生面や家賃の高さを許容できるならオススメ

ソーシャルアパートメントは超高級な学生寮のイメージです。

人付き合いを好む人や多少の清潔感やトラブルを許容できる人には合っているでしょう。

反対に大人数と過ごすことに慣れていない人、衛生面に敏感な人は入居をオススメできません。

ソーシャルアパートメント入居を悩んでいる人は次の3つの点

1. 物件の内見で共有スペースの綺麗さや住民の人柄を把握

2. 長期契約なので物件の場所や設備を確認しておく

3. 自分が年単位で100人規模の住民と暮らせるか把握

  • 物件の内見で共有スペースの綺麗さや住民の人柄を把握
  • 長期契約なので物件の場所や設備を確認しておく
  • 自分が年単位で100人規模の住民と暮らせるか把握

を基準に判断すると良いでしょう。

あなたがこの記事で自分に合ったシェアハウスを見つけ、仕事もプライベートも充実した生活を過ごすことができれば嬉しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です