出張シェフ15社料金比較!最安・おすすめランキング【ガチ利用者語る】

「家でゴロゴロしてたいけど美味しいものは食べたい。」

「出張シェフってどんな?テーブルで待機して料理をどんどん食ってくの?」

「シェフを独り占めするなんて贅沢で憧れちゃう!でも料金高そうだしお金持ち向けのサービスっぽい」

シェフを家に呼んでオーダーメイドで料理を提供してもらうサービス「出張シェフ」

あなたは出張シェフの大きな魅力2点に興味があるのでは?

  1. 人目を気にせず家でゆっくり料理を食べられる
  2. シェフと1対1なので細かな要望まで聞いてもらえる

小さなお子さんがいる家庭や周りの騒音に敏感で外食に行きづらい人には魅力的なサービス。

ですが…

  • シェフを自宅に呼ぶって絶対高い
  • 結局一番美味しくてコスパ良いサービスどれ?
  • アパート暮らしでキッチンめっちゃ狭いけど利用できる?

と不安に思って利用に踏み出せないかもしれません。

筆者の周りにも出張シェフを利用している人はいません。

そのため利用してみるまではどんなサービスか全く想像がつかず、不安でした。

結論から言いますと出張シェフは次の3つの条件全てを満たす人であれば、利用をぜひオススメします。

  • 1食分の値段が一人1,000円以上かかっても良い人
  • 自炊を負担に思っている人
  • コンロ2口・まな板を置く作業スペースぐらいの広さのあるキッチンを持つ人

つまり育児で忙しいお父さんお母さんや仕事で忙しい一人暮らしの方にオススメです。

この記事では筆者が出張シェフを利用して感じたことをもとに3要素

  1. 出張シェフのメリット・デメリット
  2. 全15サービスを料金・サービスで徹底比較
  3. 一人暮らし・ご家族それぞれの出張シェフ利用例

について解説します。

この記事を読めばあなたが出張シェフを利用するかはっきり決断できます。

あなたが

「外食や弁当ばかりの食生活にも飽き飽き!何より割高」

「毎日自炊をするのが憂鬱。外食しようにも小さい子供がいるからレストランに行けない」

と悩むこともなくなるでしょう。

3行で分かる出張シェフ
  1. 1食660円の安いサービスもある
  2. 自炊を負担に思う人にぴったり
  3. 細かいオーダーにも対応してくれる

1.【出張シェフとは】シェフが家で料理を振る舞うサービス3つの特徴

出張シェフとは
シェアダイン 公式

「外食は周囲の目や騒音が気になるから苦手。何より行くのが面倒くさい」

「休みの日ぐらいは自炊したくない」

そんな不満を解消してくれるのが出張シェフサービスです。

来て欲しいシェフを選んでオーダーメイドで料理を提供・作り置きしてもらうのが特徴です。

シェフを独り占めできるので細かなオーダーにも対応してくれます。

「お肉だけの料理を作って」

「1日に必要な野菜が摂れる健康的な料理にして欲しい」

という外食やデリバリーでは考えられないあなた好みの注文ができるわけです。

出張シェフは注文者がシェフを貸し切りにしてオーダーメイドで料理を提供してもらえます。

今まで外食やデリバリーで料理を注文した時に

「子供にこの味付けは濃すぎる気がする…子供と大人で味付けを変えてもらえないかな」

「美味しいけど野菜が全然足りない。追加でトッピングしてもらえないか」

家庭で料理を作る時に

「家庭料理って好き嫌いや温度、栄養まで細かに気を使わないといけない…面倒くさい」

と不満に思ったことはないでしょうか。

出張シェフはシェフと1対1で対話するので細かな注文も聞き入れてもらえます。

シェフが最大限あなた好みの味に合わせてくれるので料理がマズいことはほとんどないでしょう。

同時に栄養バランスの要望もしっかり聞き入れてくれます。

「美味しくて」「栄養満点」な料理を食べることができるのです。

シェフを貸し切りにできる出張シェフの大きな魅力でしょう。

出張シェフの利用者はお金持ちから一般家庭、一人暮らしと非常に幅広いのが特徴。

「シェフを家に呼ぶなんて高そうだから出張シェフ利用するのやめとこ」

と思うのはナンセンス。もったいないです。

もちろん出張シェフの中には1食3万円のお金持ち向けサービスも存在します。

ですがそれだけではありません。

1食1,000円以下のリーズナブルな値段で作り置きしてくれるサービスもあります。

「シェアダイン」「タスカジ 」などのサービスですね。

1食1000円で栄養バランスが考えられた美味しい料理が出てくるのはお得。

少なくとも外食やデリバリーより健康的で品質の良い食事ができるのは間違いありません。

出張シェフはお金持ちだけでなく一人暮らしや一般家庭のニーズにも応えるサービスなのです。

出張シェフであなたがすることは

シェフとのチャット

基本これだけです。5分ぐらいですみますね。

サービスにもよりますが、買い物代行・部屋の片付けは全部シェフがやってくれます。

料理がマンネリ化しないよう献立に悩んだり

スーパーやコンビニへ食材や弁当を買いに行ったり

せっかくの休日にも関わらず自炊をしたり

そんな手間・面倒を全て出張シェフは解消してくれます。

「自炊にかける時間がもったいない」

と少しでも思ったことがあるなら出張シェフの利用をオススメ。

2.【高い・マズい】出張シェフのデメリット4選

出張シェフは非常に良いサービスですが明確なデメリットも存在します。

このデメリットを知っておかないと出張シェフを利用した時に

「思っていたのと違う」

「高い料金の割に合わないサービスだった」

と後悔することになるでしょう。

1回の利用で1万円近く取られるなら絶対に失敗したくないですよね。

だからこそ予め出張シェフのデメリットを知っておきましょう。

金銭的・心情的に後悔しないために

出張シェフでは美味しい料理を提供してくれますが、高級感や特別感などの雰囲気はゼロ。

家庭料理の延長線上という感じです。

料理を食べる場が自宅であることや食器は自前のものを使うからですね。

外食に行った時の「いつもの食卓とは違う」という特別感・ドキドキ感を期待してる人は興ざめ。

また、食器は注文者が用意しなければなりません。

タッパーでイタリアン料理を出されたりお茶碗でスープを出されると想像してみてください。

雰囲気ぶち壊しですね…

雰囲気や特別感を出したい場合は食器や部屋の内装をある程度買い揃える必要があります。

食事の雰囲気や非日常感を重視する人には出張シェフはオススメできません。

出張シェフはシェフが家に来るので自宅内、特に台所を隅々まで見られることになります。

自宅を見られることに嫌悪感・恥ずかしさを感じる人は出張シェフをオススメできません。

また、第三者が家に入ってくるので身だしなみ・部屋の綺麗さに気を使う必要があります。

場合によっては普通に自炊した方が早い場合も。

シェフを迎え入れるまでの準備がちょっと大変というのは心に留めておく必要があります。

あなたの性格や部屋の状況を見てシェフを呼ぶか判断してください。

出張シェフを呼ぶには最低限のキッチン設備・調味料を揃えておく必要があります。

具体的には5つ揃えておきましょう。

  1. コンロ2口
  2. まな板を置けるだけの作業スペース
  3. 塩・胡椒・醤油など調味料(サービスによっては買ってきてもらえる)
  4. フライパンや鍋
  5. 料理を入れる容器か皿

どれか一つでも欠けていると料理の品数が減ったり、買いに行くハメになります。

特にアパート暮らしの方はキッチンが狭い場合が多いので要注意。

キッチン設備の面から見るとアパート暮らしの方は出張シェフ利用をオススメできません。

どうしても利用したい場合はあらかじめシェフに相談しておきましょう。

出張シェフの最安サービスでも1食あたり1,000円ほどかかります。

平均額は1食5,000〜7,000円ほど。

ぶっちゃけお高いのは事実。

値段相応の味・サービスですが頻繁に利用しにくい価格です。

特に学生・新社会人の方には手が出しにくいのではないでしょうか。

ここで考え方を変えてみましょう。

自炊にかかる時間が毎食1時間と考えてみてください。

最低賃金の時給1,013円で計算すると、あなたは自炊するたびに1,013円の労働をしていることになります。

そう考えると出張シェフの1食1,000円が安く見えてきませんか。

また、出張シェフで浮いた1時間で1,000円以上稼ぐことができたら元をとることも可能です。

出張シェフの料金の高さとあなたの自炊にかかる時間・労力を天秤にかけてみてください。

「それでもやっぱり高い!」と思ったら出張シェフは利用しない方が良いでしょう。

3.【人気の秘密】出張シェフの魅力3選

出張シェフの魅力3選
シェアダイン公式

出張シェフの一番の魅力は手間・労力なしでプロの料理を堪能できることです。

「家にいながら美味しいものを食べたい」

というインドアな方にはもってこいのサービス。

他にも実際にサービスを利用しないと分からない出張シェフの魅力を3点解説します。

「小さな子供がいてレストランに行きづらい」

「食事中に隣の席で騒いでいる奴を見るとイライラする」

そんな不満を抱えている人は多いかと思います。

ですが出張シェフは家で調理してくれるので周囲を気にせず食事ができます

それも美味しくて栄養バランスが考えられた食事が。

最近、育児に忙しくて外食に行けていないご家族。

外食が嫌で家で自炊してるけれどたまには休みたいと思っている人。

外食に様々な理由で行けていない人はぜひ出張シェフを一度利用してみてください。

出張シェフではシェフからレシピや調理のコツを教えてもらうことができます。

普通のレストランではできないことです。

シェフ直伝の時短調理術や隠し味など調理関係のノウハウ。

食材の選び方など買い出しのコツまで伝授してくれます。

知識やレシピを覚えれば日々の自炊が効率的に。

ちょっとズルいですが出張シェフ1度の利用でシェフからレシピやテクニックを学び、

以降は自炊してノウハウを活用する…といった利用方法もあります。

あなたの時間や労力削減に役立つこと間違いなし。

もし出張シェフを利用する場合はメモを準備しておきましょう。

出張シェフの中には離乳食から病人食、ダイエット食など様々なオーダーに対応しているものもあります。

シェフの中には栄養関係の資格を持っている人もいるのでであなたの食生活をバッチリサポート。

「ダイエットしたいからカロリー少なめで」

「祖父が糖尿病だから塩分少なめで」

「離乳食を作って欲しい」

といった細かいニーズにも対応してくれます。

食生活をしっかり管理してほしいという人に出張シェフはオススメです。

4.【料金比較】オススメの出張シェフサービス15選【結局どれがいいの?】


実は出張シェフには2種類存在します。

  • 数日分を作り置きしてくれるサービス
  • 一食分、豪華な料理を提供するサービス

作り置きのほうがコスパも良く、栄養バランスが良い食事が取れます。

1食分のサービスはホームパーティーや祝の日に利用されることが多いです。

この項では作り置き、1食分を料金・サービスごとにそれぞれ比較した上でTOP3を発表しています。

どのサービスにもそれぞれ特徴があるので自分にあったサービスを利用しましょう。

1.作り置き(一般家庭or一人暮らし向け)

1.作り置き専門サービス6選

1.料金比較

食材費基本料合計金額1食あたりのお値段
1シェアダイン5,000~6,000円8,000~10,000円13,000~16,000円1,000~1,600円
2
Casy
2,000~3,000円6,000~7,000円8,000~10,000円880~1,100円
3ベアーズ2,000~3,000円8,000〜9,000円10,000〜12,000円660〜800円
4イエコック0円(有料で注文者指定の食材も買い物してくれる)10,980円(ベーシック) 14,980円(栄養サポート)10,980円(ベーシック) 14,980円(栄養サポート)1,800〜2,500円
5キャットハンド2,000~3,000円8,000〜9,000円10,000〜12,000円1,100〜1,300円
6タスカジ3,000~5,000円5,000~6,000円8,000~11,000円1,000~1,300円
自分で作る(一人分)500円0円500円500円
シェアダイン公式 Casy ベアーズ イエコック キャットハンド タスカジ

2.サービス比較

買い物片付けあなたがすることその他特徴どんな人にオススメか
1シェアダイン無料で頼めるが料理の時間が減るシェフがしてくれる計30分
(シェフとコミュニケーション15分
・家の片付け15分)
・離乳食から健康志向の料理までジャンルが幅広い・普段料理をしない人 ・日々の料理のマンネリ化を感じている人
2Casy有料(1650円)で頼めるシェフがしてくれる計30分
(シェフとコミュニケーション15分
・家の片付け15分)
当日・作り置き両方に対応して料理してくれる・家庭的な料理を食べたい人
・家事の中でも料理を負担に思っている人
3ベアーズ無料で頼める(お店なども指定できる)シェフがしてくれる計20分
(シェフとコミュニケーション10分
・家の片付け10分)
・台所も調理前に整理整頓してくれる
・シェフの数が少ないためオーダーに時間がかかる可能性も
・注文前に担当の人が家に来る
・片付けなどの労力を最小限に抑えたい人
・小さいお子さんがいる家庭
4イエコック無料で頼めるシェフがしてくれる計30分
(シェフとコミュニケーション15分
・家の片付け15分)
・食材はすべて国内産 ・契約前に担当職員が自宅訪問・国産の食材を使った料理を食べたい人
・栄養管理がしっかりされた料理を食べたい人
5キャットハンド無料で頼めるが料理の時間が減るシェフがしてくれる計30分
(シェフとコミュニケーション15分
・家の片付け15分)
・メニューは運営側があらかじめ用意したものから選ぶシステム・家庭的な料理を食べたい人
・家事の中でも料理を負担に思っている人
6タスカジ基本は自分で準備シェフによっては買い物代行してくれるシェフがしてくれる計2時間25分
(登録・申し込み10分
・材料を購入・準備1時間
・家の片付け15分)
・本格的な料理ではなく、家庭料理がほとんど
・シェフは女性、年配の方が多め
・普段外食ばかりで家庭的な味に飢えている人
・家事の中でも料理を負担に思っている人
自分で作る(一人分)自分で自分で計2~3時間
(献立を考える10分
・材料を購入1時間
・料理を作る1時間
・片付け30分)
・食事を作ることを苦に感じない人
シェアダイン公式 Casy ベアーズ イエコック キャットハンド タスカジ

3.オススメの出張シェフベスト3

第1位 シェアダイン

シェアダインレストランで働くシェフが作り置きの料理を振舞ってくれます。

他のサービスにはない魅力です。

また、数十種類のカテゴリーからシェフや料理を選ぶことができます。

糖質やカロリー制限をしている人には非常にオススメ。

ただお値段がちょっと高めなのが玉にキズ。

栄養や食事の質にこだわるならシェアダイン。

第2位 Casy

Casyの大きな魅力はサービス・気配りの良さです。

チャットのレスポンスの素早さや注文者のオーダーを最大限聞き入れる姿勢。

料理は炒める音や食材を切る音以外はほとんど無音だそうです。

なんという気配りでしょうか!

何より話し上手でコミュニケーションに長けている人が多いのがCasyの特徴。

味は家庭料理レベルなので特別感や美味しさを求める人には向いていないかも。

お子さんがいる家庭には是非利用していただきたい安心・安全なサービス。

第3位 ベアーズ

ベアーズはコスパと料理の量が他のサービスに比べて一枚上手でした。

料金12,000円ほど5〜6日ほどの料理を作ってもらえるのは破格。

1食あたりの値段も他のサービスより300〜500円ほど安く、コスパも良し。

また、メニューの決め方は2種類あります。

  • 注文者が自分で決める
  • ベアーズ側が用意した注文リストから選ぶ

面倒くさいときは全部シェフ任せにできるのは嬉しいポイント。

ひとつ注意点として、注文前に担当者が家に来て打ち合わせをする必要があります。

注文前にちょっと労力と時間を使うというのはバッドポイント。

コスパをとにかく重視するならベアーズ。

おまけ ナッシュ(nosh)で楽に健康的な料理を調達する

「やっぱり出張シェフはハードル・料金が高い」

と思った方にオススメなのがナッシュ(nosh)。

特に一人暮らしでキッチン設備がない方には非常にオススメ。

ナッシュは低糖質・低塩分の冷凍お弁当を自宅に届けてくれるサービスです。

メニューの豊富さにも関わらず低糖質・低塩分なのが魅力。

出張シェフと比較して優れている点は5つ。

  1. 宅配サービスで料理を温めるだけの手軽さ
  2. 50品以上から好きなメニューを決められる(スイーツもある)
  3. 1食あたり600円前後の安さ
  4. 長期間購入し続けると割引が適用!1食500円以下になる
  5. 糖質が制限されているのでダイエットには最適

逆にデメリットも4つあります。

  • 塩分が少ないので味が薄い
  • 料理の当たり外れが激しい
  • 定期購入しかできない
  • 関東圏以外は送料が高い

まとめるとナッシュは「手軽かつ安くで食生活を改善したい一人暮らしの方」にオススメ。

2.1食分を提供するサービス9選

1.料金比較

食材費1食分の料金
7
PRIME CHEF
なし6,000~12,000円
8
うちchef
なし9,000~15,000円
9
Rental chef
なし8,000〜12,000円
10
my chef
なし5,000〜7,000円
11
シェフくる
なし8,000〜10,000円
12
private chef
なし150,000円
13
マイシェフクイック
なし4,000〜5,000円
14
お届けリストランテ
なし4,000〜7,000円
15
CHEFREE
なし9,000~15,000円
自分で作る(一人分)500円0円
PRIME CHEF うちchef Rental chef my chef シェフくる private chef マイシェフクイック お届けリストランテ CHEFREE

2.サービス比較

買い物片付けあなたがすることその他特徴どんな人にオススメか
7PRIME CHEFシェフが食材持参シェフがしてくれる計30分
(シェフとコミュニケーション15分
・家の片付け15分)
・一度に数人のシェフが来ることも
・デリバリーもできる
・周りの目を気にせず自宅でレストランの味を楽しみたい人
8うちchefシェフが食材持参シェフがしてくれる計30分
(シェフとコミュニケーション15分 ・家の片付け15分)
・飲み物は自前
・シェフとコミュニケーションをとりながら食事が取れる
・ホームパーティーなどで美味しい食事を取りたい人
9Rental chefシェフが食材持参シェフがしてくれる計30分
(シェフとコミュニケーション15分 ・家の片付け15分)
・ドリンクは自前で用意 ・注文者がシェフに募集をかけることもできる・注文まで時間がない!めちゃくちゃ細かいオーダーをしたいという人
10my chefシェフが食材持参シェフがしてくれる計30分
(シェフとコミュニケーション15分 ・家の片付け15分)
・ドリンクは自前で用意
・予定時間の1.5時間前にシェフが訪れて仕込みを行う
・パーティなどの大人数向け
11シェフくるシェフが食材持参シェフがしてくれる計30分
(シェフとコミュニケーション15分 ・家の片付け15分)
・一人暮らしには対応不可
・運営側(コンシェルジュ)にフォームを送って自分に合ったシェフを探してもらえる
・2〜3人の家族での食事をしたい人
12private chefシェフが食材持参シェフがしてくれる計45分
(シェフとコミュニケーション30分 ・家の片付け15分)
・オプションで個人向けの料理レッスンや料理人育成教室などもある
・関東地域のみ対応
・一人暮らし不可
・10万円以上かけてでもプレミアムな食事を楽しみたい人
13マイシェフクイックシェフが食材持参シェフがしてくれる計30分
(シェフとコミュニケーション15分 ・家の片付け15分)
・シェフ到着後30分で料理提供開始
・シェフは女性が多い
・とにかく早く料理を食べたい人 ・コスパが良いサービスを利用したい人
14お届けリストランテシェフが食材持参シェフがしてくれる計30分
(シェフとコミュニケーション15分 ・家の片付け15分)
・飲み物は自前
・シェフとコミュニケーションをとりながら食事が取れる
・一人5,000円以下で利用したい人 ・2〜3人向け
15CHEFREEシェフが食材持参シェフがしてくれる計30分
(シェフとコミュニケーション15分
・家の片付け15分)
・登録不要で注文できる・ホームパーティーなどで美味しい食事を取りたい人
自分で作る(一人分)自分で自分で計2~3時間
(献立を考える10分
・材料を購入1時間
・料理を作る1時間
・片付け30分)
・食事を作ることを苦に感じない人
PRIME CHEF うちchef Rental chef my chef シェフくる private chef マイシェフクイック お届けリストランテ CHEFREE

3.オススメの出張シェフベスト3

第1位 マイシェフクイック

「安い」「早い」「うまい」の三拍子そろったマイシェフクイックが第一位。

1食の平均価格が5,000円を切るという衝撃の安さ。

30分で料理を提供するという早さ。

類似サービスが1時間以上かかるのに比べたら段違いの早さです。

また、シェフには女性が多いので女性の注文者も安心。

女子会や休日のお昼に注文してみてはいかがでしょうか。

第2位 Rental chef(レンタルシェフ)

レンタルシェフの魅力は注文者が自分でシェフに応募をかけられることです。

そのため他のサービスでは不可能だった多少無理なオーダーも可能になります。

マッチングすれば注文して当日中にシェフに料理を振舞ってもらうことも。

他のサービスでは受け入れてもらえない急な注文も可能なわけです。

細かいオーダーやすぐにシェフに来て欲しい人はレンタルシェフの利用をオススメします。

第3位 シェフくる

シェフくるの特徴として運営側に自分に合ったシェフを探してもらえることが挙げられます。

出張シェフはどのサービスも数百人のシェフがいて探すのにそこそこ時間がかかります。

人によっては出張シェフ利用で一番時間がかかる作業かもしれません。

ですがシェフくるではそんな手間は一切なし。

フォームに自分の要望やオーダーを書き込めば勝手に運営側がオススメのシェフを紹介してくれます。

手間・時間を無駄にしたくない方はシェフくるの利用がオススメです。

5.【検証】実際に出張シェフを利用してみた感想3つ

「出張シェフは果たして本当に満足できるサービスなのか?」

この疑問を検証するため実際に筆者が出張シェフを利用してみました。

今回利用したのは「シェアダイン」というサービス。

プロの料理人が料理を3~4日作り置きしてくれるサービスです。

今回かかった費用は

11,650円(基本料)+ 6,494円(材料費)= 18,144円

だいたい一食あたり1,500~2,000円といったところでしょうか。(3~4日3食で食べきる計算)

さて、私が受けたサービスや料理は約18,000円分の価値があったのかというと…

結論、ありました。

むしろ18,000円が安く思えるくらいの満足度です。

ですが多少の不満点や思い違いがあったのも事実。

ここでは実際に体験したからこそ分かる出張シェフのストレートな感想・評価を3点にまとめて書きました。

私の体験談を参考にすれば出張シェフを利用するか判断できると思います。

1.シェフには相性がある

実際に出張シェフを利用してみた感想3つ

シェフと注文者には相性があります。

今回、筆者はシェフと円滑にコミュニケーションをとることはできませんでした。

具体的にはコミュニケーション面で2点気になった点があります。

  1. 筆者のチャットを未読スルーされた
  2. 情報を小出しにして数日に渡って送ってくるので確認が面倒くさかった

あくまで個人の感想ですが細かい面で煩わしさ・面倒臭さがあったように思えます。

今回のシェフと筆者は相性的には良くなかったみたいです。

筆者はもっと積極的にコミュニケーションをとってくれる人が良かったので。

でも直接やり取りするまで相性なんて分かりません。

相性の良いシェフと出会うためには何度もサービスを利用するしかないでしょう。

2.手際の良さはまさしくプロ

実際に出張シェフを利用してみた感想3つ

シェフの手際は非常に良く、2時間ちょっとで10品ほどの料理を作ってもらいました。

電子レンジとコンロを使い分け徹底した時短を行うシェフの手際はまさしくプロ。

実はシェフが調理に取り掛かる前にまな板がないことを思い出し急いで買いに行くというトラブルがありました。

10分ほど時間をロスしたので「これは時間オーバーするかな」と不安に思っていたのですが…

見事な手際で調理から片付けまでキッチリ時間内に終わらせてくれました。

ありがとうシェフ!

普段料理をされる方ならシェフの手際の良さから多くのことを学べるのではないでしょうか。

3.味は値段分の価値アリの美味しさ

実際に出張シェフを利用してみた感想3つ

衝撃だったのが約2時間という短時間での品数の多さとその美味しさです。

特に煮込み料理の食べたときの衝撃と言ったらもう…

短時間でここまで味が染み込んで美味しいのが信じられない!

さすがプロ。お値段以上の味でした。

これが3~4日分作り置きされているのも非常に嬉しい。

コンビニ弁当や自炊の手間から解き放たれ、日々の生活にゆとりができました。

6.出張シェフ利用シーン例2選

「出張シェフってどんな場面で活躍するの?」

と思った方もいると思います。

ここでは出張シェフを利用する場面の多い人2パターン

1.一人暮らしの人
2.小さいお子さんのいるご家庭

の活用例を紹介します。

この体験談に共感した人はぜひ出張シェフを利用すべきでしょう。

1.外食・弁当に飽きた一人暮らしAさんの場合

年齢30歳
職業会社員
年収312万円
月収(手取り)23万円
月の平均支出16万円(食費は4万円)
交遊費3万円
余り(貯金額)4万円

Aさんはとある中小企業で働く会社員。

日々の食事は外食かコンビニ弁当。

自炊はほとんどしません。

月の支出の25%を占める食費が占めています。

最近、健康に気を使い始めたAさんは噂に聞く出張シェフを利用することを決意。

Aさん
Aさん

いろいろ調べて作り置きのサービスを利用することにしました。

私としては条件2つ
健康的かつ栄養バランスバッチリな食事であること
できれば食費は5万円以下に抑えたい

これをクリアするような出張シェフサービスを利用したいですね。

色々調べた結果、Aさんはコスパ面に惹かれてベアーズを利用することに決めました。

Aさん
Aさん

ベアーズさんはコスパの良さと料理の量の多さが魅力的ですね。一人暮らしだと冷蔵庫も空っぽなのでたくさん作り置きを入れられます。

さて、かかった金額はいくらかというと…

家事代行3,000円×3時間+消費税+交通費 900円=10,620円

大体、5日分の食事で10,620円かかりました。

週4で利用したとすると大体42,480円かかる計算。

Aさん
Aさん

思ったより安いですね。今までの外食・弁当生活より安いぐらい。それで健康に良くて味の良い食事が取れるならちょっと継続利用も検討したいですね。

Aさん
Aさん

あと個人的に嬉しかったのがシェフの方が非常に気配りができる方だったことですね。エビチリの辛さを細かく調整してくれたり初回ではつけられない買い物代行を特別にやってくれたり…

今回利用したベアーズは作り置きサービスの中で最もコスパが良いサービスです。


そのためもし作り置きサービスを1ヶ月定期利用したいなら食費が4万円〜かかることを考慮しましょう。

2.3歳のお子さんの好き嫌いが激しいBさんの場合

年齢30歳(女性)
職業専業主婦
家族構成自分・夫・1歳の息子
家庭年収500万円
夫の月収(手取り)31万円
月の平均支出23万円(食費は5万円)
余り(貯金額)8万円

Bさんは夫と3歳になる息子と暮らす専業主婦。

3歳の息子は好き嫌いが激しく、夕食を作って出しても「いらない。食べない。」

Bさん
Bさん

子供からいらない、美味しくないと言われるたびに調理が嫌に…
レトルトや冷凍食品はできるだけ食べさせたくないですし本当に悩んでいます。

そんなBさんが今回チョイスしたのはCasy。

・自宅がサービス対応内にあること
・クーポンを持っていたこと

が大きな決め手でした。

Bさん
Bさん

もう私の料理を食べてもらえない以上、誰かに作ってもらうしかなかったんです。

さて、勇気を出して注文したCasyですが…

3時間で12品もの品が作られました。

また、シンクやコンロ周りの掃除もされていてシェフがくる前より台所はピカピカ。

さて、実際に息子に料理を食べさせてみると…

Bさん
Bさん

息子がお代わりまでして料理を食べていました。若干複雑な思いですが野菜もしっかり食べてるのをみるとこれで良かったんだと思えます。

さて、サービス内容に満足したBさんですが肝心の料金は

約4日分の作り置きで合計 7,720円

Bさん
Bさん

外食やレトルトを子供に食べさせるよりははるかに良心的な価格だと思います。
これから週2ほど利用してみます。

7.【まとめ】出張シェフは自炊を負担に感じる人なら利用の価値アリ!自宅に他人を入れることや雰囲気がないことを許容できるならオススメ

出張シェフは多少コストがかかりますし、最低限のキッチン設備を揃える必要があります。

ですがそれ以上に自炊の負担が減ることや健康的な食事が取れるというメリットがあります。

一人暮らしや子供がいる家庭で「自炊面倒くさい」と思った方は利用の価値アリ。

出張シェフを利用するかで悩んでいる人は3点。

  • 1週間の食費に約10,000円かけれるか
  • コンロ2口・さしすせその調味料があるか
  • ダイエットや健康など食べるものにこだわりがあるか

2つ以上あてはまるなら出張シェフ利用をおすすめします。

ぜひ出張シェフを一度利用して自炊の面倒臭さから開放されてみてください.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です